サマーカットに挑戦!

わんちゃんと飼い主さんの “やってみよう!” を応援します。

【やってみよう!】
はじめてのトリミング体験レポート②

サマーカットに挑戦!

今回のやってみ隊!

 

須長 知佳さん
そらくん
(トイプードル&マルチーズ 1歳 ♂)

【復習編】前回の体験を活かして、ひとりでやってみよう!


さて、いよいよ犬塾でのトリミング体験の第2弾です!
前回の体験で正しいシャンプーの仕方をひと通り学んだ須長さんとそらくん。今回、カットにチャレンジする前に、前回の体験を活かして、シャンプーのおさらいをしてみました。ブラッシングでは、スリッカーブラシを扱う手つきにも慣れが感じられ、シャンプーでは、皮膚までしっかり洗えていましたね。苦手だった顔のすすぎも怖がらずにできていましたよ。ドライヤーでは「家でするよりラク!」なんて、余裕の発言も。
体験したことを家でちゃんと復習していたんですね!

【ブラッシング】

【シャンプー】

【すすぎ】

【ドライヤー】

「シャンプーはひとりでやってみて」と言われて、はじめはうまくいくかどうかドキドキしちゃったけど、前回体験したことや家でやってみたことを思い出しながらやったら、なんだかスムーズにできちゃったみたい…。そらに毛玉が少し残っていたから、これからは、もう少し丁寧にブラッシングしなきゃいけないな。

今回のやってみ隊!

 

須長 知佳さん
そらくん
(トイプードル&マルチーズ 1歳 ♂)

【復習編】前回の体験を活かして、ひとりでやってみよう!


さて、いよいよ犬塾でのトリミング体験の第2弾です!
前回の体験で正しいシャンプーの仕方をひと通り学んだ須長さんとそらくん。今回、カットにチャレンジする前に、前回の体験を活かして、シャンプーのおさらいをしてみました。ブラッシングでは、スリッカーブラシを扱う手つきにも慣れが感じられ、シャンプーでは、皮膚までしっかり洗えていましたね。苦手だった顔のすすぎも怖がらずにできていましたよ。ドライヤーでは「家でするよりラク!」なんて、余裕の発言も。
体験したことを家でちゃんと復習していたんですね!

【ブラッシング】

【シャンプー】

【すすぎ】

【ドライヤー】

「シャンプーはひとりでやってみて」と言われて、はじめはうまくいくかどうかドキドキしちゃったけど、前回体験したことや家でやってみたことを思い出しながらやったら、なんだかスムーズにできちゃったみたい…。そらに毛玉が少し残っていたから、これからは、もう少し丁寧にブラッシングしなきゃいけないな。

いよいよTry!
【Step 1 背中・お腹・胸のカット
クリッパー(電動バリカン)で同じ長さに刈ってみよう!

さて、いよいよカットにLet’s try!  今回は「サマーカット」にチャレンジしましょう。

まずは、クリッパーを使って「背中」「お腹」「胸」をカットします。今回は8mmのバリカンを使って、毛を同じ長さに刈り揃えてみましょう。

クリッパーは、「皮膚と平行」になるようにして使います。刃を立ててしまうと、わんちゃんの皮膚を傷つけやすいのでNG。皮膚を伸ばして、たるみをなくしながらゆっくり動かしてくださいね。

クリッパーの音を怖がってしまうわんちゃんの場合は、スイッチを切った状態のクリッパーをわんちゃんの近くに置いておくなど、クリッパーに慣れさせることから始めましょう。

 

クリッパーは、刃が皮膚と平行になるように使いましょう

皮膚を伸ばしながらゆっくりと滑らかに動かすのがコツ

首下や脇など、肌にたるみがある部分は傷つけやすいので、特に注意が必要です

だいぶサマーカットらしくなってきました。いいコでいたら、ほめてあげましょう!

クリッパーって、意外と大きな音が出るんですね。そらもはじめは怖がるそぶりで、どうしようと心配になったけど、すぐに慣れてくれたみたい。先生がしっかり保定してくれたので、安心してできました。でも、クリッパーを使うのが初めてなので、トラ刈りになっちゃっいました…。そら、ゴメンね。先生が直してくれたから許してね。毛を同じ長さに刈り揃えるのって、とってもに難しいですね…。

 

詳しくはココを見てね!

http://www.inujuku.jp/news/愛犬への正しく安全なクリッパーの使い方/

 

さて、いよいよカットにLet’s try!  今回は「サマーカット」にチャレンジしましょう。

まずは、クリッパーを使って「背中」「お腹」「胸」をカットします。今回は8mmのバリカンを使って、毛を同じ長さに刈り揃えてみましょう。

クリッパーは、「皮膚と平行」になるようにして使います。刃を立ててしまうと、わんちゃんの皮膚を傷つけやすいのでNG。皮膚を伸ばして、たるみをなくしながらゆっくり動かしてくださいね。

クリッパーの音を怖がってしまうわんちゃんの場合は、スイッチを切った状態のクリッパーをわんちゃんの近くに置いておくなど、クリッパーに慣れさせることから始めましょう。

 

クリッパーは、刃が皮膚と平行になるように使いましょう

皮膚を伸ばしながらゆっくりと滑らかに動かすのがコツ

首下や脇など、肌にたるみがある部分は傷つけやすいので、特に注意が必要です

だいぶサマーカットらしくなってきました。いいコでいたら、ほめてあげましょう!

クリッパーって、意外と大きな音が出るんですね。そらもはじめは怖がるそぶりで、どうしようと心配になったけど、すぐに慣れてくれたみたい。先生がしっかり保定してくれたので、安心してできました。でも、クリッパーを使うのが初めてなので、トラ刈りになっちゃっいました…。そら、ゴメンね。先生が直してくれたから許してね。毛を同じ長さに刈り揃えるのって、とってもに難しいですね…。

 

詳しくはココを見てね!

http://www.inujuku.jp/news/愛犬への正しく安全なクリッパーの使い方/

 


【Step 2 手足のカット
シザー(トリミングバサミ)の使い方を覚えよう!

次は、シザーを使って手足をカットします。まずは持ち方を覚えましょう。普通のハサミとは持ち方も使い方も違うので、はじめは戸惑ってしまうかもしれませんが、少し練習すれば慣れるので大丈夫ですよ。シザーは、先が尖っているので、わんちゃんを傷つけてしまわないよう、扱いには細心の注意が必要です。シザーを持った手でわんちゃんを動かすのはゼッタイにNG。

足先の毛をカットして、クリッパーで刈った部分との境目をスキバサミで整えたら、足の毛の形を整えます。まず、四角い形の「直方体」にしてから、丸みのある形にカットしましょう。ちょっと難しいけれど、手も足も、左右同じ形にしましょう。

シザーは、親指を動かして使います。使い方をしっかりマスターしよう!

シザーを使うときは、わんちゃんを傷つけないよう、細心の注意を払いましょう

手足の接地部分の毛は、シザーを45度くらい傾けて切るのがコツ

クリッパーで刈った部分との境目の毛をスキバサミで自然な形に整えます

手足の形は、まず直方体にするのがベター。このほうが形を整えやすいですよ

キレイにまぁるくなりました! 両方同じにするのが、結構ムズカシイ…

シザーの持ち方が、文房具のハサミとは全然違うことにビックリ! シザーを持ち替えたときに「アレレ、どうするんだっけ?」って悩んじゃいました…。でも、シザーを傾けて足先をカットしたときに、「じょうずだね。」って褒められたのはうれしかったですね。足全体の形を整えるとき、最初に直方体にしてから丸くカットするのは「ナルホド!」と思いました。いきなり丸くカットしたら、楕円形になったり、カットし過ぎてどんどん細くなっちゃいそうですもんね。

 

詳しくはココを見てね!

http://www.inujuku.jp/news/正しいトリミングシザーの使い方を学ぼう/

 

次は、シザーを使って手足をカットします。まずは持ち方を覚えましょう。普通のハサミとは持ち方も使い方も違うので、はじめは戸惑ってしまうかもしれませんが、少し練習すれば慣れるので大丈夫ですよ。シザーは、先が尖っているので、わんちゃんを傷つけてしまわないよう、扱いには細心の注意が必要です。シザーを持った手でわんちゃんを動かすのはゼッタイにNG。

足先の毛をカットして、クリッパーで刈った部分との境目をスキバサミで整えたら、足の毛の形を整えます。まず、四角い形の「直方体」にしてから、丸みのある形にカットしましょう。ちょっと難しいけれど、手も足も、左右同じ形にしましょう。

シザーは、親指を動かして使います。使い方をしっかりマスターしよう!

シザーを使うときは、わんちゃんを傷つけないよう、細心の注意を払いましょう

手足の接地部分の毛は、シザーを45度くらい傾けて切るのがコツ

クリッパーで刈った部分との境目の毛をスキバサミで自然な形に整えます

手足の形は、まず直方体にするのがベター。このほうが形を整えやすいですよ

キレイにまぁるくなりました! 両方同じにするのが、結構ムズカシイ…

シザーの持ち方が、文房具のハサミとは全然違うことにビックリ! シザーを持ち替えたときに「アレレ、どうするんだっけ?」って悩んじゃいました…。でも、シザーを傾けて足先をカットしたときに、「じょうずだね。」って褒められたのはうれしかったですね。足全体の形を整えるとき、最初に直方体にしてから丸くカットするのは「ナルホド!」と思いました。いきなり丸くカットしたら、楕円形になったり、カットし過ぎてどんどん細くなっちゃいそうですもんね。

 

詳しくはココを見てね!

http://www.inujuku.jp/news/正しいトリミングシザーの使い方を学ぼう/

 


【Step 3 顔周りのカット
しっかり保定して、安全第一でカットしましょう!

いよいよ顔周りのカットです。目、鼻、耳など、顔にはとくに注意しなければいけない箇所が集中しているので、わんちゃんの様子をよく見ながら、細心の注意を払って、安全第一でシザーを扱うようにしましょう。

目の周りの毛をカットして、目をくっきりと見せることで、わんちゃんの表情が豊かになります。目頭をカットするときは、わんちゃんをしっかり保定して、慎重にカットしてくださいね。マズル周りや頭頂部は、丸くカットするとかわいらしさがアップしますよ。耳周りは、スキバサミを使って毛量を調節しましょう。

やさしく話しかけるなど、わんちゃんをリラックスさせながらカットするようにしてくださいね。

目の周り、とくに目頭をカットするときは最大の注意を払って、慎重に!

耳周りをスキバサミでカット。耳を傷つけないように注意して!

マズル周りに丸みをつくって、かわいらしさを強調しよう!

頭頂部も丸くカット。切りすぎに注意しましょう

目の周りをカットするときは緊張しました。顔周りをカットするときは、最大限の集中力が必要なんですね。でも、わたしが緊張しちゃうとそらも緊張しちゃうんですよね…。顔をカットするときの保定の仕方もいろいろあって、とても勉強になりました。

顔のカットはとても難しいけど、シザーを入れるごとに、そらがどんどんかわいくなっていくので、とってもうれしくなりました。

いよいよ顔周りのカットです。目、鼻、耳など、顔にはとくに注意しなければいけない箇所が集中しているので、わんちゃんの様子をよく見ながら、細心の注意を払って、安全第一でシザーを扱うようにしましょう。

目の周りの毛をカットして、目をくっきりと見せることで、わんちゃんの表情が豊かになります。目頭をカットするときは、わんちゃんをしっかり保定して、慎重にカットしてくださいね。マズル周りや頭頂部は、丸くカットするとかわいらしさがアップしますよ。耳周りは、スキバサミを使って毛量を調節しましょう。

やさしく話しかけるなど、わんちゃんをリラックスさせながらカットするようにしてくださいね。

目の周り、とくに目頭をカットするときは最大の注意を払って、慎重に!

耳周りをスキバサミでカット。耳を傷つけないように注意して!

マズル周りに丸みをつくって、かわいらしさを強調しよう!

頭頂部も丸くカット。切りすぎに注意しましょう

目の周りをカットするときは緊張しました。顔周りをカットするときは、最大限の集中力が必要なんですね。でも、わたしが緊張しちゃうとそらも緊張しちゃうんですよね…。顔をカットするときの保定の仕方もいろいろあって、とても勉強になりました。

顔のカットはとても難しいけど、シザーを入れるごとに、そらがどんどんかわいくなっていくので、とってもうれしくなりました。


【Step 3 しっぽの毛のカット
いよいよ最終段階! しっぽの毛を整えましょう!

さて、サマーカットもいよいよ最終段階。あとはしっぽの毛を整えるだけです。

今回は、しっぽを振ったときに、自然な感じにフワッと毛が流れるようなデザインにするので、スキバサミで軽く毛量を調節して、ふんわりと仕上げましょう。

しっぽの根元をスッキリさせて、しっぽの中間をふっくらと見せ、先のほうを少し短めにカットすることで、自然な感じにふんわりと仕上がりますよ。

スキバサミを使って、毛量を調節しましょう

しっぽの根元をスッキリさせて、ふんわり感アップ!

しっぽは、丸く仕上げたり、ライオンみたいに先の毛だけ残したり、個性的なデザインがいろいろあるということだったけど、自然な感じでフワッと風に揺れるスタイルをチョイスしました。そのほうが夏っぽいかなぁ、って。

スキバサミの使い方にもだいぶ慣れてきていたから、わりと手早くできたかも。

さて、サマーカットもいよいよ最終段階。あとはしっぽの毛を整えるだけです。

今回は、しっぽを振ったときに、自然な感じにフワッと毛が流れるようなデザインにするので、スキバサミで軽く毛量を調節して、ふんわりと仕上げましょう。

しっぽの根元をスッキリさせて、しっぽの中間をふっくらと見せ、先のほうを少し短めにカットすることで、自然な感じにふんわりと仕上がりますよ。

スキバサミを使って、毛量を調節しましょう

しっぽの根元をスッキリさせて、ふんわり感アップ!

しっぽは、丸く仕上げたり、ライオンみたいに先の毛だけ残したり、個性的なデザインがいろいろあるということだったけど、自然な感じでフワッと風に揺れるスタイルをチョイスしました。そのほうが夏っぽいかなぁ、って。

スキバサミの使い方にもだいぶ慣れてきていたから、わりと手早くできたかも。

このコどこのコ?! すっごくカワイイ!!

BEFORE!

AFTER!

仕上がったときは、「ええっ! このコどこのコ?!」って、思わず叫んじゃいました…。だって、あんなにクリモフで、近所の人に「おじいさんみたい」なんて言われたそらが、あんなにまるっとかわいくなっちゃって、ホントにビックリしちゃいました。

トリミングってすごい! 

今回体験したことを全部家でやるのはかなりハードルが高いけど、クリッパーだけでも家でできるようになりたいな。そして、今、トリミングのことをもっとちゃんと勉強したいな、っていう気持ちもムクムクと湧きあがってきています。

今回、講師を務めていただいたプロトリマーの石崎さんと記念撮影

石崎さん、ありがとうございました!

次号予告

【ぜひ知っておこう!】わんちゃんの困った行動にもちゃんと理由がある?!

それって、本当に “ざんねん” なこと?

「ほえる」「咬む・噛む」「引っ張る」「飛びつく」など、わんちゃんの行動のなかには飼い主さんにとっては “ざんねん” な行動もありますよね。でも、それは飼い主さんにとって “ざんねん” なだけで、わんちゃんにしてみればちゃんとした理由に基づく行動なのかもしれません。しつけやトレーニングをする前に、わんちゃんの行動の意味をしっかりと知っておくことはとても重要なこと。間違ったしつけやトレーニングをしてしまわないよう、わんちゃんの “ざんねん” な行動についてきちんと考えてみましょう。

 

※予告なく内容が変更になる場合がございます。